午前診療

午後診療

9:30~13:00

14:30~19:30

審美歯科

審美歯科

審美歯科では、歯やお口全体の美しさを向上させるための治療を行います。
と言っても、美しさだけを追求するのではありません。
歯というのは、ものを噛んだり言葉を発する時に、正常に機能してはじめて、意味のあるものだからです。
ですから、審美歯科の治療では、美しさと同時に、歯の正常な機能の獲得も目的としています。
歯が美しくなると、笑顔が増えます。
そうすると、人生そのものが豊かになり、日々の生活をいきいきと過ごすことができるようになるのです。

審美歯科の治療とは

審美歯科では、色々な方法で、歯やお口、それから顔全体の審美性が高まるような治療を施してくれます。
まず代表的なのがホワイトニングですね。
着色してしまった歯を白くすることで、歯そのものの審美性を回復します。
もしも、ホワイトニングだけでは歯が白くならなかった場合には、ラミネートベニアという治療法がお勧めです。
これは、歯の表面にセラミック製の薄い板を貼り付けるものです。
簡単に言うと、つけ爪のような感覚です。
白くて綺麗なセラミックを前歯などの表面に貼り付けることで、歯を白く美しく見せます。
その他、今現在お口の中にある、金属製の詰め物やクラウンを、セラミックなどの材料に置き換えることで、審美性を回復するという治療も行います。

ラミネートベニア

ホワイトニングだけでは歯が白くならなかった場合には、ラミネートベニアという治療法がお勧めです。
これは、歯の表面にセラミック製の薄い板を貼り付けるものです。
簡単に言うと、つけ爪のような感覚です。
白くて綺麗なセラミックを前歯などの表面に貼り付けることで、歯を白く美しく見せます。
ただ、注意しなければならないのは、ラミネートベニアを貼り付ける際に、歯を少し削らなければならないという点です。
おおよそ0.5~0.7mmほど、歯の表面を削ります。
「どうして健康な歯を削るの?」と疑問に思われるかもしれませんが、この処置を施さないと、ラミネートベニアをきちんと貼り付けることができないのです。
また、削らずにそのまま貼り付けると、歯が不必要に大きく見えてしまうこともあるので、審美性が低下することもあります。
と言っても、この0.5~0.7mmという厚さは、歯にはそれほど影響ありませんので、ご安心ください。
ラミネートベニアは、一度貼り付けてしまえば、ホワイトニングのような色の後戻りがないという利点があります。
また、テトラサイクリンのような薬剤によって、生まれつき歯が変色していたりするケースにも適用できます。
その他、通院する回数も2回程度と少なく、手軽に歯を白くできる治療法と言えます。
ちなみに、当院でのラミネートベニアの治療費は99,750円となっております。

セラミック

セラミックというのは、陶器などに使用されている陶材のことを指します。
このセラミックは、色調や質感が天然の歯と近いため、審美歯科ではよく使用されています。
例えば、過去に保険治療で詰めた奥歯のインレーや、銀歯そのものをセラミックに置き換えるという治療が行われます。
そうすることで、歯の審美性が格段に上がるのです。
そんなセラミック素材を使用した治療法には、セラミックインレーやハイブリッドセラミック、それからポーセレンクラウンといったものがあります。

セラミックインレー

インレーというのは、いわゆる詰め物のことです。比較的小さな虫歯治療に用いられます。
このインレーには、通常金属材料が用いられるのですた、セラミック製のインレーを使用することで、審美性を向上させることができます。
また、金属のインレーよりも、歯にしっかりと適合するため、虫歯になりにくい歯を手に入れることができます。
その他、金属アレルギーを起こさないというメリットもセラミックインレーにはあります。
その一方で、セラミックインレーのデメリットを挙げるとするならば、金属のものよりも費用が少し高くなるということです。
また、あまりに強い力が加わると、欠けてしまうこともあります。けれども、普通にものを食べている限りは、何ら問題はありません。
ちなみに、当院でセラミックインレーを製作した場合、治療回数は2回で、治療時間は30分程度となっています。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、レジンとセラミックを混ぜ合わせた素材です。
つまり、レジンとセラミックの中間的な性質を持っており、両者が持つ欠点を見事に打ち消しているのです。
例えば、レジンは保険の詰め物でも使用される素材ですが、時間が経過すると変色してしまったり、強度に問題があったりします。
一方、セラミックというのは、とても強く、変色も起こりにくいのですが、少々値段が高めになっています。
ハイブリッドセラミックは、両者の欠点を補い合って、安く強く、そして変色にしにくい性質を獲得した、素晴らしい材料と言えます。
ですので、インレーとしてもクラウンとしても使用できます。
また、レジンと比較しても、材料の色のバリエーションが豊富です。
ですから、患者さんのそれぞれの歯に合わせた色を選択することができるのです。
ただし、完全なセラミックほどの透明性はないので、前歯に使用することが難しいです。
ちなみに、当院でハイブリットインレーを製作した場合の治療費は、26,250円からとなっています。
ハイブリットセラミッククラウンは57,750円となっています。

ポーセレンクラウン

ポーセレンクラウンとは、セラミックのみで作った被せ物のことを指します。
全てがセラミックで構成されているため、色調や透明感などが天然の歯に非常に近いと言えます。
そのため、ポーセレンクラウンで前歯の被せ物を製作することも可能です。
また、強度に優れており、被せ物自体の寿命もとても長いです。
噛む時の圧力や着色や変色にも強く、劣化しにくいという特徴もあります。
そして何より、全てがセラミックで作られているため金属アレルギーを起こす心配もないのです。
ちなみに、当院でポーセレンクラウンを製作場合は、税込で84,000円の費用がかかります。
保証期間は5年間です。

ホワイトニング

歯は本来、白く美しいものです。けれども、コーヒーによる着色やタバコのヤニが原因で、黄ばんでしまうことがあります。
こうした歯の汚れを落として、歯本来の美しさを取り戻すのが、ホワイトニングという歯科治療です。
そして、このホワイトニング治療は、大きく3つに分類することができます。

オフィスホワイトニング

歯科クリニックで行うホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。
オフィスホワイトニングは、歯医者さんや衛生士さんが行うため、ホワイトニング専用の薬剤や器材を使用することができます。
そのため、歯を白くする効果は非常に高いと言えます。
具体的には、一般人が使用できない少し強めの薬剤を歯に塗り、そこに歯科用のレーザーを照射することで、歯を白くします。
薬剤もレーザーも、取り扱いさえ注意すれば、体に害はありませんのでご安心ください。
また、オフィスホワイトニングでは1本単位で歯を白くすることができます。
ですから、変色が気になる歯だけホワイトニング処置を施すことが可能です。
当院では、オフィスホワイトニングを1歯あたり2,100円から行っています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ホワイトニング操作を患者さんの自宅で行う治療法です。
ただし、全てを自宅で行うわけではありません。まずクリニックでお口の状態を診査して、ホワイトニングが行えるかどうかを調べます。
その後、特に問題がなければ、患者さん専用のマウストレーを作ります。
これは歯型のようなもので、そこにホワイトニング剤を入れて、お口の中にはめることで歯を白くしていくのです。
このマウストレーを使用するのが自宅なので、ホームホワイトニングと呼ばれています。
ちなみに当院では、「NITEホワイト・エクセル」というホワイトニング材を使用しています。
このホワイトニング材は、アメリカで最もよく使われているものですので、効果も安全性も確かであると言えます。
日本でも認可を受けていますので、多くの歯科クリニックで使用されています。
このホワイトニング材なら、1日に2時間程度使用するだけで、美しい白い歯を取り戻すことができるのです。
それから、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングとは異なり、1本1本の歯を白くすることはできません。
ですので、上の歯列全体や下の歯列全体といった感じで、ホワイトニングを行います。
これは、ホワイトニング処置にマウストレーを使用するため、仕方のないことと言えます。
当院でホームブリーチングを行う場合は、28本用(全ての歯)で36,750円となっています。

このページのTOPへもどる